仕事

【回復期病棟/内科】実際の看護師の二交代制の流れ・仕事内容ってどんなの?〜夜勤編〜

  • 看護学生で、回復期の二交代制の勤務の流れが知りたい
  • 転職を考えていて、自分に回復期の二交代制ができるか不安・・・

と思っている看護師の方の参考になれば嬉しいです^^

 

基礎情報

 

  • 病棟:個人病院・内科
  • 患者数:36名
  • 日勤看護師数:5名程度
  • 日勤勤務時間:8時30分〜17時
  • 夜勤看護師:1名
  • 夜勤介護士:1名
  • 夜勤勤務時間:16時〜翌9時30分
  • 看護体制:機能別看護

回復期の夜勤の流れ

消灯まで

  • 16時:出勤・申し送り

ワークシートに患者情報が詳しく記されてあるので、情報収集の時間はありません。

看護師1名・介護士1名での夜勤勤務となるので、患者全員の情報収集は申し送りとワークシートから得ます。

  • 17時30分:血糖測定・インスリン・食前薬配薬

食前の処置を行います。

  • 18時:夕食介助・口腔ケア介助・トイレ誘導

食事はほとんどの患者さんがデイルームに集まります。

食後にトイレ誘導を行うことで、その後の休憩中にナースコールが鳴り止まないことを防ぎます。

  • 19時:休憩

30分ずつ休憩を取ります。

患者さんが食事が終わり、部屋に戻ってから休憩を取ることが多いです。

ハコ
ハコ
食後は患者さんは部屋に戻りますが、不穏や認知症の患者さんは消灯までデイルームで過ごしてもらうこともあります。
  • 20時:眠前薬配薬

眠前の薬を配ります。

確実に投与できるように注意が必要です。

  • 21時:消灯

 

仮眠休憩まで

  • 21時〜:記録

21時からは記録に充てる時間が多いです。

全患者さんの看護記録を行わないといけないので、夜間の状態は日付が変わるまでに行なったほうが、タイムリーで良いです。

  • 0時〜2時:休憩

仮眠休憩は2時間ごとに取ります。

ハコ
ハコ
私の病棟では、看護師が休憩後に介護士が休憩という順番になっています。

 

点灯まで

  • 5時:おむつ交換

寝たきりの患者さんのおむつ交換を行います。

意識がはっきりしている患者さんは、朝早くのケアになるので、少し時間を送らせて行うこともあります。

  • 6時:点灯・検温・採血・カロリー施行

夜間の状態が悪かった方の検温を行います。

食前の採血がある場合は点灯後から朝食前に行いますが、患者さんがしっかりと起きたことを確認してから行います。

ハコ
ハコ
寝起きで急に採血取るのは患者さんもびっくりするからね・・・

 

退勤まで

  • 7時:記録・食事介助・口腔ケア・トイレ介助

血圧が低い患者さん、長い時間離床が難しい患者さんは、朝食がくるギリギリに離床を行います。

  • 7時30分:血糖測定・インスリン施行

食前の処置を行います。

  • 8時:朝食介助・口腔ケア・トイレ誘導

この時間になると、日勤看護師・介護士が出勤してきます。

ハコ
ハコ
終わってない処置や食事介助を依頼しながら、スムーズに申し送りが始められるように協力します。
  • 8時30分:申し送り

日勤看護師に全患者さんの申し送りを行います。

1人で申し送りを行わないといけないので、分かりやすく・短く申し送る必要があります。

  • 9時30分:退勤

 

回復期の夜勤で看護師が特に気をつけること

医師への報連相!

勤務者が少ないため、看護師間での相談ができません。

少しでも状態が気になる時は、迷わず医師に報告・相談しましょう!

ハコ
ハコ
転倒・転落・急変は夜勤帯が多い!!迷わず相談!

介護士と声を掛け合い連携をとる!

病棟を離れる際、一緒にケアを行う時など、必ず介護士に声をかけましょう!

ハコ
ハコ
看護ケアも早く終わるし、ストレスなく仕事が進みます!

 

まとめ

回復期の夜勤は、勤務者が少ないため、他職種との連携が大切になります。

急変はあまりないですが、油断すると異常の早期発見が遅れたりします。

記録にも時間がかかるため、時間管理が大切です。

特徴を知って、就職や転職に生かしてくださいね✨

ハコ
ハコ
それでは・・・