子育て

【新米パパ必見】パパママ学級に参加したパパの感想・産後の様子(体験談あり)

妊娠6ヶ月目と8ヶ月目に保健センターで行ったパパママ学級に、私たちは2回とも夫婦で参加しました。

パパママ学級は、両親学級や母親学級とも言われていて、ママだけ参加する方もいらっしゃると思います。

このご時世、パパママ学級が中止になっている地域もあり、

  • パパママ学級(両親学級)が中止になって、実際の様子が知りたい
  • パパがパパママ学級に参加するか迷っている

といった方もおられると思うので、そういった方の参考になれば嬉しいです。

パパママ学級の様子と、パパが参加してよかった点や、実際に育児を行って参考になったことを書いていきます✍️

 

第1回パパママ学級

第1回目は、出産後の手続きと母子保健サービスについて・歯の健康について・タバコによる赤ちゃんへの影響など、座学が1時間程度ありました。

主に妊娠期の内容でした。

沐浴体験

各ご家庭一度ずつ、赤ちゃんの人形を使って沐浴体験をしました。

ママは、出産後産院でも練習できる機会があるかもしれないということで、パパが行いました。

夫
顔と体の洗い方沐浴の時の赤ちゃんの持ち方が実際に行ってみてわかりました!

動画や資料で沐浴の方法を勉強していても、実際にやってみると難しく感じると思います。

ハコ
ハコ
夫はこの沐浴体験を行ったことで、自信に繋がり、産後すぐから沐浴を自主的に行っています

妊婦体験

妊娠10ヶ月のママの体の状態を、パパが疑似体験しました。

妊婦に見立てた重りを抱えて、床に落ちた本をとるという動作や、階段を上り下りする動作を行いました。

ハコ
ハコ
どう?大変でしょ(笑)
夫
奥さんは毎日ひとつひとつの動作に注意しながら生活していることがわかりました!この体で仕事や家事をしていることにありがたみを感じました・・・

第2回パパママ学級

第2回目は、出産時の呼吸法や、出産後の母乳育児について座学をしました。

主に出産後の内容でした。

産後の大切な時期の話だったのに、第一回よりもパパの参加が少なかったです。

赤ちゃんの抱っこを体験

横抱き・縦抱きを、赤ちゃんの人形を使って練習しました。

新生児の赤ちゃんは首が座っていないので、首をしっかりと支えて抱っこをすることを教わりました。

夫
首が座ってない時の赤ちゃんの抱っこの方法が知れたので、産後すぐから赤ちゃんを抱っこできそうです。
ハコ
ハコ
産後は体調が優れず起き上がって抱っこをするのも大変だったけど、赤ちゃんが泣いたら夫がすぐに抱っこをしてくれてありがたかったです。

パパがパパママ学級に参加してプラスになること

妊娠中のママの気持ちや体調に寄り添うことができる

妊婦体験を通して、妊娠中の体は重たく、動きにくいことを知ってもらえました。

妊娠中は、赤ちゃんの体重だけ重くなるのではありません。

また、体験は数分で終わりましたが、体重が増加することで起こる不調や動きにくさは、生まれるまでずっと続きます。

そのことをパパにも知ってもらうと、普段の家事にも協力的になったり、ママをねぎらう言葉が出てくると思います。

産後すぐに戦力になる

沐浴体験、抱っこの体験は、産後すぐから活用できる内容です。

産後はママの体調が戻るまではしばらくかかるので、パパが積極的に行っていくためにも、パパママ学級で体験しておくと良いと感じました。

人形の赤ちゃんだったので、実際の赤ちゃんで行うのとはまた感じが違いますが、やり方を知っておくだけでも自信に繋がります。

まとめ

夫
パパママ学級に参加して本当に良かったです!想像するのと、体験するのとでは全く違いました!産後もスムーズに育児に参加することができました!

パパママ学級に参加しようかどうか悩んでいるパパ、ママは妊娠中も、産後も楽になります!

ぜひ参加してみてください!